Tap to close

重度の膝の痛み

重度の膝の痛み

こんにちは副院長の福原です。

本日はかなり慢性化してしまった膝の痛みで悩まれていた方のお話をさせていただきます。

70代女性

数年前から病院、整形外科に通い、時には注射等をするも全く良くならず、病院では手術を勧められていたそうです。手術をするのを避けたいという強い意思を持って来院されました。

まず身体を見させて頂くと、仰向けの状態で左膝を少し曲げただけで痛みがでる状態でした。他にも骨盤や足首等膝に近い部分から全体を見させて頂いたのですが、足の外側についている筋肉が板のように張っていて、それに引っ張られてしまっているのか足はO脚になっていました。

歩いて頂くと、ガニ股で歩幅も小さく左膝をかばうように歩くのでフラフラとバランスが悪く、体幹の乱れが非情に目立ちます。

施術は骨盤をメインに膝周りの筋肉を緩めていったのですが、筋骨格へのアプローチでは変化が出にくかったので、視点を変えて見ることにしました。

するとこの方細身なのに異常にお腹がポッコリしており左側の腸が膨らんでみえるような状態です。

内臓に問題が起きると関連する筋肉に問題が起きます。左の腸は足の外側に問題を起こすケースがあるので左の腸にアプローチしてみると先程まで曲げれなかった膝が完璧と言わないまでも明らかに大きく動かせるようになりました。

実際に立って歩いて頂くと『先程と違う!歩きやすい!痛みが減ってる!!』と変化を感じて頂けました。

今回のケースではまず筋骨格から原因を探したのですが見つからなかったので内臓で原因を探していきました。喜んで頂けのは良かったのですが、大事なのはじゃあなんで腸に問題が起きてしまったのか?というところです。

大事なのは根本原因を調整することです。次回はこの方の腸に影響を与えている何かを探しそこを調整していこうと思います。

長くなってしまいましたが、長年色々な所で治療をうけた方も原因を触ってもらえてなければ改善のしようがないのです。この方のように膝が痛くても膝に原因がないケースは多々見受けます。

もし、同じように膝の痛みでどこにいっても変らないという方がいらしたら是非お気軽にご相談ください。お役にたてますようしっかりサポートさせていただきます。

 

 

 

 

完全予約制

赤塚健康院LINE@

営業時間

営業時間